現在ではさまざまなシステムが発達したことによって、必ずしも自分が持っている現金だけで生活をしなくてはならないわけでもなくなってきました。
例えば成人している人であれば一時的にお金を借りるということも可能ですし、またクレジットカードを用いて一時的に決済をクレジットカード会社に任せるという方法も選べます。
さて、この「一時的にお金を借りる」ということで特に注目されやすいのがカードローンですが、利用の際にはどちらも審査があるということが共通しています。
ではカードローン審査とクレジットカード審査の違いはどういったところにあるのかと言うと、まず最も大きいのは「その使途が限定されているかどうか」というところでしょう。
カードローン審査の場合は自由使途、つまり借り入れたお金をどう使おうが契約者の自由です。
しかしクレジットカードの場合は利用が基本的に商品・サービスの購入に限定されてしまいます。
一見するとそこまで変わらないようにも見えますが、例えば税金の支払いなどはクレジットカードでは対応できない部分だとして考えることが出来ます。
こうした使途の違いがある分、カードローン審査の方が少々厳しめの基準で行われる傾向が強く見られるのです。
またそれぞれの方法でメリットやデメリットの違いもはっきりあるわけですから、事前に入念な下調べをして自分に最適な方法で利用できる方を選ぶように心がけましょう。

カードローン審査の特徴

ではそれぞれの方法の違いをより細かく見ていくためにも、まずはカードローン審査の特徴について考えてみましょう。
まずカードローン審査を受ける目的ですが、これは先ほど少しふれたように「自由使途のお金が手に入る」ということが重要です。
税金の支払いやクレジットカード払いに対応していない業者への支払いなどが多いのであれば、事前にカードローン審査を受けておくことの重要性は高いと言えます。
さらに無人契約機などを使えば申込をしたその日のうちから利用できることもありますから、スピーディーな融資が可能になりえることも魅力です。
次いでカードローン審査そのものの特徴についてですが、これは一般的に「その時点の本人が持つ返済能力」が最も重要視されることになります。
収入が少ない、安定していないということになるとカードローン審査は厳しくなりますし、またその収入の源である仕事についても勤務年数が評価されることになってきます。
勤務年数が短いから絶対に審査を通過できないというわけでもないのですが、最低でも1年以上の勤務年数が無いと審査には悪い影響が出る可能性が高いのです。
またこれと同じく特に大きいところとして、未成年は契約できないということも挙げられます。
一部の学生ローンなどは特例的に未成年でも利用できますが、一般的なカードローン審査では学生、未成年は審査を通過することがほぼ不可能となります。
この点も利用前にしっかりと押さえておきたいところでしょう。

クレジットカード審査の特徴

それでは次にクレジットカードの審査について考えてみましょう。
まずクレジットカードということで魅力になるのは決済をカード会社に任せることが出来ることによって、商品やサービスの購入の際に手元に現金が無くとも良いということです。
インターネット上の決済などでも活躍してくれることになりますから、この点は非常に大きな魅力でしょう。
その審査についての特徴ですが、カードローン審査との最も大きな違いは「未成年でも利用できる可能性が高い」ということです。
もちろんアルバイトなどで収入があり、かつ親の同意が取れていることなどの条件を整えることは必要になりますが、カードローン審査と比べると格段に審査通過の可能性は高いと言えます。
むしろ一部の大手カード会社では「学生には特別なカードを渡している」というところもあり、早いうちから顧客として取り込もうとする動きがあるのです。
収入面について確認されるということはカードローン審査と同じではありますが、使途が限定されているためにカードローンの時にあった乱用のリスクがやや低いため、カードローンよりは審査が通過しやすいとして考えることが出来ます。

ただカードを発行しなくてはならないこと、自宅に送付しなくてはならないことを考えると、カードローンのようなスピーディーな審査は受けづらいのがネックになるでしょう。
お金が無いと困ってから申し込むのではなく、早い段階で申し込んでおくのがベターです。

審査を受ける際の注意点

最後に審査を受けるうえで必ず考えておかなくてはならない注意点ですが、基本としては「申込をした先の業者のルールに従う」ということが必要になります。
提示するべき書類として指定されたものがあるのであれば全て揃える、揃えられないものがある場合には早めに確認を取るなどのことは重要です。
またカードローン審査にしろクレジットカード審査にしろ、用意する書類を偽装するということはしてはいけません。
特にクレジットカードは未成年者が利用するには親の同意書が必要と言うことで、この同意書を偽造しようとする人が少なからず見られます。
確かにサインなどを全てチェックしていくのは困難なのですが、それは私文書偽造という犯罪行為です。
犯罪行為によって契約されたクレジットカードで未払いなどのトラブルが発生すれば法的処罰もあり得ます。
どのようなものであっても、消費者に対して融資をすることを事業としている以上なんの理由もなく審査を断るということはまずありません。
正々堂々と受けることができれば通過できる可能性もあるわけですから、トラブル発生を予防するためにも審査はしっかりと、正々堂々と受けるように心がけてください。